2015年02月22日

新しいプロジェクト

新しいプロジェクトのキックオフをします

概要は軽量の新型機関銃。

要求は
・7kg以下であること
・ベルトリンク給弾であること
・QBC機能があること
・性能的にMINIMI/62式7.62mm機関銃の代替となること
・次世代歩兵システムとの親和性が高いこと(モジュラリティ)
以上です。

勘案すると、とりあえずイメージとしてはこんな感じなのかな、というのを製作しました。




M60、M249、SCAR、MG4、PKM、FG42、MG36などから色々拝借しています。
ハンドガードは大きなA7075/5mmの塊です。ハンドガード上部のキャリイングハンドルは、光学機器を熱害から護るために設置しています。後部はナイロン66/GF30です。内部に1mmシートメタル製のシャーシフレームが挿入されています。トラニオンとフレームは溶接、ハンドガードはネジ留めです。撃発はオープンボルト/フル、クローズドボルト/セミです。重さは約6.5kg〜7.0kgを予想しています。フィーディングトレー、ボルト、バレルを交換することで、全長75mmx15φまでの弾薬であれば対応可能です。具体的には5.56x45mmNATO、7.62x51mmNATO、6.5Creedmoor、.300win short mag等です。

バレルチェンジは20mmピックレールのQDマウントのような構造になっています。
ハンドガード横のレバーを回転させることで、バレルが固定されます。

現状スペックは
銃身長500mm(20in)
全長906mm
重量6.5kg





Posted by イグアス・ツェペルト  at 22:27 │Comments(0)MLLG

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。